ボロ雑巾になって捨てられる
社畜たち

 

 

ヤフーニュースで取り上げられて物議を醸し、非常に話題になっていた記事があります。

今でもネット上では様々な議論がされていますので、あなたにも紹介させてください。

 

 

 

管理職や社員として、会社の未来を背負い、誇りと責任を持って働く。

会社はそんな社員たちの「志」につけ入り、過重労働を強いる。
彼らの心や体が疲弊し働けなくなれば、ボロ雑巾のように簡単に捨て、別の「雑巾」を補充する。
働く人の人生すべてが仕事に奪われる「全人格労働」について考えるこの連載で、まずは企業の「社畜」となった管理職や新入社員のケースを例に、働き方を再考したい。

 

通勤電車で胸が締め付けられる

 

深夜にもかかわらず鳴り響く携帯電話。

都内のソフトウェア会社でプロジェクトリーダーを務める男性(46)の

体がこわばる。

 

画面に映るのは顧客の担当者の名前だ。

電話に出ると、罵声が飛んできた。

 

「俺の顔に泥を塗る気か!」

「お前たちの会社なんか、すぐにでも切ってやる」

 

そのプロジェクトは進捗が予定より3カ月遅れていた。

納期に間に合わせようと徹夜が続き、睡眠は2時間取れればいいほう。

もちろん土日も休めない。

 

しかも、会社に残業代を正直に申告すれば原価率が上がり、

給与やボーナスの査定に影響するから、報告は「定時帰宅」

 

そんな日々が4カ月続いたある朝、通勤電車の中で

のどと胸が締め付けられるように痛んだ。

 

次に、考えがまとまらなくなり、文章も書けなくなった。

 

もともとは斬新なアイデアがぽんぽん浮かび、顧客から表彰を受けたこともあるほどだったのに、後輩からの質問にもうまく答えられない。

 

理由もないのに涙があふれ出て止まらない。

 

人混みが怖くなり、ちょっとした音にも恐怖を感じるようになった。

 

 

うつ病でも休職させてくれない

病院でうつ病と診断され、上司である部長に休職を願い出ると、こう言われた。

 

「うつ病の人は一度休んだら復帰するまで長くなるから休むな」

 

会社は都内にある東証1部上場企業で従業員数も1000人を超えるが、

常駐の産業医がいない。

男性は何度も休職を願い出たが、部長の素人判断で断られ続け、

1年半もの間泣きながら通勤した。

 

昼食時間は会社近くの公園で泣き、涙をぬぐって午後の仕事に戻る日々。

 

とうとう食事がのどを通らなくなり、体重が1カ月で8キロも減り、

立ち上がることもできなくなって休職した・・・

 

 

23年勤めたのに退職金100万円

 

その後5年にわたって休職を繰り返し、休職期間満了による自然退職が間近に迫った今年、「自己都合退職」を選んだ。

23年も勤めたのに、

退職金はわずか100万円余り。

妻は、

「社員を捨てちゃう血も涙もない会社だね・・・」

と言った。

 

焦って転職したもののうつ病から回復しておらず、3日目から通えなくなった。

昨年6月以降は傷病手当金の受給期間も終わっており無収入に。

 

妻もパートを始めたが貯蓄も底をつき、生活保護も視野に入れて8年前に買ったマイホームを売ろうとしたら、小学生の息子に泣いて反対された。

 

男性は言う。

 

「産業医がいて早く休職するように言ってくれたら、こんなに休職が長引き、退職に追い込まれることはなかったと思っている。ひとの人生を狂わせておきながら

会社は最後まで僕に何もしてくれなかった。

これからの人生、どうしたらいいんでしょうか」

 

 

心の病を抱える社員のサポートに乗り出す企業が出てきている一方で、前回の記事で募集したアンケート(回答者数2799人)では、この男性のように体調を崩しても休職させてもらえなかった人や、けがや病気でも病院に行かせてもらえないという経験をした人は決して少なくなく、追い詰められている労働者は多い。

 

この記事を読んで、

あなたはどう思いますか?

 

 

・20年以上も会社に尽くしてきた人になんて仕打ちだ!

・そんな会社本当にあるのか?

・退職金が100万なんて考えられない・・・

 

 

もしあなたがこう考えていたとしても、残念ながら大手企業でさえ

急に大規模なリストラを断行してくることも珍しくありません。

 

 

c0160031_17551771

 

 

fc163311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしかしてこの方達が少数派だと思ってますか?

 

統計的に見たら、社員の心のサポートをしてくれる会社は昔に比べたら

増えてきてはいます。でも冷静に考えてみてください。

 

あなたの会社はどうですか?

 

数多ある会社の中のほんの一部が社員の心のケアを始めていたとしても、

それを享受できるのはほんの一部の会社の社員のみです。

 

 

アベノミクスで一部の人しか経済の回復を実感できていないのと同じで、

確かに増えては来ていますが、社会全体と比べると雀の涙ほどの対策しかできていません。

 

bsTAN_aozametadansei

 

 

いざという時には

一切自分のことを守ってくれない会社

ばかりが世の中に蔓延っているという

ショックな現実がそこにあります。

 

 

 

 

 

もしあなたの会社がこういったケースに当てはまるのであれば、

あなた自身もこういった最悪のケースに追い込まれる可能性が有るのは当然です。

 

理由はただ1つ。

 

会社に依存してしまっているからです。

 

極めて危険な会社への依存

 

 

なぜ依存することが危険なのかというと、

あなたの生活を全て会社が握っているということです。

 

確かに法律で労働者は守られていますが、

会社は百戦錬磨なのでその気になればあの手この手で

法の網の目をくぐり抜けてきます。

 

 

つまり、今あなたは会社からの給料がなければ

絶対に生きていけないということです。

 

これが依存です。

 

いざとなった時にどうしようもなくなってしまって、

家族もろとも路頭に迷っているという方は非常に多いです。

 

家族を守る

自分を守る

未来を守るためにはどうすれば良いのか。

 

答えは簡単です。

 

依存体質からの脱却・・・

つまりあなた自身が会社に頼らなくても生きていける力をつけて、

自分の幸せ、家族の幸せ、明るい未来の全てを勝ち取れば良いのです。

 

会社以外でお金を生み出す方法、それはズバリ副業です。

 

arm-wrestling-567950_1920-400x270-MM-100

 

 

 

「副業」という名の最強の武器

 

 

依存体質から脱却するためには力を手に入れなければなりません。

 

しかも生活を安定させれるくらいの収入がなければ、

また絶対に会社に依存してしまうことが確定します。

 

もっとピンポイントに言うと、

「給与以外で給与以上の所得を獲得すること」

 

これです。

あなたの給料が30万円であれば、それにプラス35万円の副業収入、

あなたの給料が40万円であれば、それにプラス45万円の副業収入です。

 

これがあればリストラのニュースやサービス残業にビクビクすることもなくなり、

家族と笑顔で毎日を過ごせる生活を手に入れることができ、

あなた自身にも心と体の余裕ができます。

 

YO150301340I9A0870_TP_V

 

 

 

誰でもはじめは0からのスタートです。

そして年齢も関係ありません。

 

 

真面目で優しい人ほど周りを優先する傾向にありますが、

まずは自分が幸せにならないと

周りの人に幸せを分けてあげれないのです。

 

だからその考え方は間違いなのです。

誰も良くならない結果で終わります。

 

あなたが思い描く理想の生活を手に入れたいのであれば、

会社依存体質から脱却して自分で稼ぐ力を身につけ、

あなた自身が幸せにならないといけないのです。

 

意外だったかもしれませんが、

これが現代社会が抱える問題をうまくクリアしていく答えなのです。

 

 

 

そしてここまでお読み頂いたあなたに、

世の中で数え切れないくらいある副業の中で

一番早く、誰でもしっかり利益を出せて、永遠に稼ぎ続けることができるという

あなたが今まで一度たりとも聞いたことがないであろう情報をお渡しします。

 

この情報さえ手に入れておけば怖いものはありません。あなたが心と体に余裕を持って、家族と笑顔いっぱい元気に毎日を過ごせることでしょう。

 

 

誰でも1ヶ月に30万円以上
稼げるようになる副業とは?