投資はと隣り合わせ?!

 

リスクの中身は

あなたの命です。

 

とある新聞社が、つい最近起こったホットなニュースについて掲載をしていました。これを見た後、それでもあなたは投資という魔界への魅力を追い続けるだろうか・・・

 

 

 

英国のEU離脱が決まった先週24日、“人身事故”が大きな話題を集めた。午前中からJR総武線、京王井の頭線、阪急神戸線などで人身事故による運休や遅延が続出。

 

離脱派の勝利が確定的となり、円相場が1ドル=99円台まで急騰した午後イチは、グーグルなどで「人身事故」の検索件数が急上昇した。

 

実際にどれだけの鉄道自殺が発生したかは定かではないが、市場がパニックに陥った直後、多くの個人投資家たちが自殺を想起したのは間違いなさそうだ

とくに阿鼻叫喚の様相を呈したのが、外国為替証拠金取引(FX)の投資家たちだ。口座数は約660万と10年間で6倍に増えているが、為替が大幅に乱高下した24日は、数百万円、ひどい場合は数千万円以上の大損を被るケースが続出したという。

 

ある男性投資家(42)が語る。

 

「リーマン・ショック時は1時間で1円の円高というスピードでしたが、24日は午前11時半すぎからの30分間で一気に3円超も急伸しました。

 

FX会社には投資家に想定外の損失が及ばないようにする“強制ロスカット”の義務が課されているため、あらかじめ口座に入れた証拠金よりも損することはめったにありません。

 

ただ、為替が急伸・急落して売買の取引が成立しないと、元金がマイナスになることがあります。24日は“あり得ない事態”が起きました」

 

FXは「レバレッジ」という“てこの原理”を働かせる仕組みで証拠金の最大25倍までの金額が取引できる。もっとも、海外には最大888倍の超ハイリスク・ハイリターンの取引を提供するFX業者もあり、利用している国内投資家もいる。

「単純な為替のアップダウンに賭けるFXは投資ではなく、丁半バクチに近い。そんなものに高リスクのレバレッジをかけるなんて狂気の沙汰です。

 

この危険な市場に個人投資家が群がっているのは、過大なリスクを取っても大きなリターンを狙おうとする心理が働いているからでしょう。

 

日銀のマイナス金利政策と、投資をあおろうとする安倍政権の弊害です」(IMSアセットマネジメントの清水秀和代表)

 

24日の市場パニックで痛手を負い、リバウンドで起きるだろう円急落に賭けて挽回を狙っている投資家は死と隣り合わせだと覚悟した方がいい。

 

 

 

あなたはこの記事を見て

何を思うだろうか?

 

ハイリスクが来た時の事、

本当に考えてますか?

 

人間は希望的観測を常に持ち続ける生き物です。

 

「こうなれば良いなぁ〜」

「こうなると思う」

 

みたいに、何の根拠もないふわふわな自信で新しい事に足を突っ込んでしまう事があります。もちろん投資が悪なわけではありません。

 

あなたは本当に投資のメリットデメリットを理解していますか?ということです。

 

もしハイリスクハイリターンのハイリスク側が本当に来た時のことを考えていない人の末路は悲惨です。

 

上記の新聞掲載みたいに、本当に投身自殺しなければいけなくなるまで追い込まれるわけです。

 

そんなのビジネスなんて呼べませんよね?

 

命が危険にさらされる可能性があるなんて正気の沙汰ではありません。絶対にお勧めできないです。

 

ローリスクハイリターンなんて無い!

 

そう考えてしまうのも無理はありません。

 

しかし世の中には本当にローリスクハイリターンでしっかりと利益を手にできるビジネスが存在しています。

 

 

しかも普通のサラリーマンの給料の2倍以上です。

2倍以上ですよ?しかもローリスクハイリターン。

b8ba1506e8979491fdcb6d683c8c2787

 

あなたは給料という鎖で会社に依存していますよね?

それも全く無くなります。

 

具体的に言えば、あなたの10万円が100万円へ変わります。

 

しかもほぼ間違いなくです。その確率90%以上です。

 

くだらないギャンブルに勤しんでいる暇があるなら、必ずこちらを見てください。あなたの財布がパンパンになるまでしっかり稼ぎ続けてください。

 

リスクを極限まで減らして
大金を得る方法を受け取る